山形キリスト教会は、1958年4月、日本バプテスト連盟直属伝道所として、日本バプテスト仙台基督教会を母教会として開拓伝道をスタートしました。「主の日の礼拝」を信仰の基盤として、奉仕する喜びを分かち合い、教会の財政を共に担い合い、キリストの体なる「教会」を建ち上げる歩みを進めています。酒田のぞみキリスト伝道所の活動を支えながら、東日本大震災の被災地にある東北連合の諸教会と協力して、被災地支援の働きにも力を注いでいます。

 山形キリスト教会の沿革は、以下のとおりです。

  1958年4月   山形市内で開拓伝道を開始。

  1959年     牧師館を建設。

  1960年     会堂を建設。

  1981年4月   教会組織(伝道所から教会に自立する)。

  1993年     牧師館の老朽化に伴い、牧師館と教育館を建設。

  1995年     教会墓地を建設。

  1995年     東北連合酒田開拓伝道の母教会となる。

  2002年     チャーチオルガンを導入。

  2009年     グランドピアノを導入。

 

≪山形キリスト教会の歴代牧師≫

  初代牧師   横谷政孝師  (1958〜1965年)

  二代目牧師  光来出政治師 (1966〜1969年)

  三代目牧師  斎藤英哉師  (1969〜1976年)

  四代目牧師  調 弘道師  (1978〜1983年)

  五代目牧師  松尾龍一師  (1983〜1987年)

  六代目牧師  奥田 稔師  (1988〜1996年)

  七代目牧師  川上敏夫師  (1996〜2010年)

  八代目牧師  杉山修一師  (2013年4月着任)

 

≪酒田のぞみキリスト伝道所を閉鎖≫

 1995年に東北連合の総会で決議され、山形キリスト教会が母教会となって始まった酒田開拓伝道は、20年間の歩みを終え、2016年3月20日の山形キリスト教会の定期総会、同4月29日の東北連合定期総会の決議をもって、閉鎖することが正式に決まりました。

 当初、月一度の聖書集会から始まり、2004年に民家正純牧師、2006年に藤井秀一牧師を迎え、開拓伝道所としての歩みを積み重ねてきましたが、2015年3月いっぱいで藤井秀一牧師が花小金井キリスト教会に転任されたため、半年余、聖書集会として集会を継続してきました。 その結果、後任の牧師を招聘できる状況にはないとの結論を導かれ、同伝道所の閉鎖を決議したものです。

 これまでの温かいご指導とお交わりに、心から感謝も申し上げます。